豊胸と食べ物の関係

巨乳になるために食生活の改善を

バストの土台作りに効く食べ物

大きい小さい、形が垂れているなど、バストについての悩みを抱えている女性は意外と多いのではないでしょうか。
下着を変える、バストアップ体操をする、豊胸手術を試みるなどバストを豊かにする方法はたくさんあります。

なかでも取り入れやすいのは、食生活を見直し、バストアップに効果がある食べ物を積極的に取り入れるということです。食事を変えたからといって、劇的に豊かな胸になるとはいえませんが、胸の土台となる胸筋や、女性ホルモンを活性化させることでのバストアップ効果は期待できるようです。

(バストアップ効果が期待できる食べ物)

・キャベツ…キャベツに含まれている「ボロン」には、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を高める効果があるといわれています。なじみのある野菜ですがボロンは熱に弱いため、サラダなどでそのまま食べるのが理想的です。

・大豆(豆乳、豆腐など)…大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」は、エストロゲンと似たような働きをします。けれども、摂取しすぎるとエストロゲン過多により、ホルモンバランスが崩れてしまう可能性があるので、適量を食べることが大切です。

・良質のたんぱく質(鶏肉、乳製品、落花生など)…良質なたんぱく質は、筋肉を作るのに欠かせません。バストの土台となる胸筋のためにも進んで摂りたい食べ物です。コラーゲンが豊富な手羽先や手羽元、鶏皮などは女性に特に嬉しい部位です。

豊胸を意識した食生活において大切なのは、三日坊主にならないように継続させることです。
バランスのよい食事を心がけ、適度な運動を取入れることも必要です。食事だけに頼ってバストを豊かにするのではなく、きちんとした土台(筋肉)を築くことこそ、美しいバストづくりにつながるのです。